ポニーリーグとは

 1950(昭和25)年米国ペンシルバニア州ワシントンで初めてポニーリーグが結成されました。
ポニーリーグは、13歳及び14歳の少年(中学生)によって構成される野球リーグです。ポニーとは英語で仔馬を意味し、
中学生の若々しい元気な姿を連想して名付けられたといわれます。
 1951年はペンシルバニア州だけで行われましたが、翌1952年全米に広がり、全米選手権大会が開催されました。

 その後、ポニーリーグを母体として組織は拡大され1959年末にコルトリーグ(15〜16歳)が、次いでブロンコリーグ(11〜12歳)が
1961年に追加され、翌年法人組織になり「米国ボーイズ・ベースボール協会」と名付けられました。その後にピントリーグ(7〜8歳)、
ムスタングリーグ(9〜10歳)、サラブレッドリーグ(17〜21歳)が次々に生まれ、現在は6階級に分かれています。

 日本では昭和50(1975)年に誕生し、現在は沖縄連盟・関東連盟・北海道連盟があり、ブロンコリーグとポニーリーグを中心に
約50チームが活動しています。

 ポニー(中学生)、ブロンコ(小学高学年)リーグとも、協会指定の硬球を使用して公認野球規則を基にして行われます。
各々の成長に応じて、塁間、投手−本塁間、ホームラン距離等年齢に合わせた距離が定められています。



立川ポニーのご案内

(目的)
 1. 本クラブは、中学生を対象とした硬式野球チームです。
 2. 本クラブは、野球を通じて礼儀を重んじ、健全な精神と体力向上を図ります。
 3. 本クラブは、野球の基本を習得させ、スポーツマンシップを育成します。
 4. 本クラブは、高校野球においても通用する選手を育成します。

(練習)
 原則として、水曜・土曜・日曜・祝日とします(水曜日は授業終了後)。
 練習場所は、新堤防グラウンド・立川市営球場他とします。

(部費ならびにその他の費用)
 部費、大会出場費用、遠征費用などは概ね以下の通りです。
 ・入部費 7,000円 (入部時に徴収)
 ・選手登録費 6,000円/年 (3月徴収)
 ・部費  5,000円/月
 ・父母会費 2,000円/年 (4月徴収)
 ・交通費 2,000円/月
 ・スポーツ保険 800円/年 (3月徴収)
 ・納会費積み立て 1,000円/月 (1月〜11月)
 ・全日本選手権大会への参加協力費 約10,000円 (交通費等、7月頃徴収)
 ・新潟大会への参加遠征費用 約40,000円 (3泊4日宿泊費等、8月頃徴収)
    ※大会費や宿泊費用など父母会で積み立ての検討をします (学年ごと)

(用具)
 ユニフォームについては、練習用(白)上下は個人負担となります。試合用はクラブ負担で各部員に貸与します。
 グローブ、スパイクは各自用意してください。 バットはチーム所有のものを使います。
 ・ユニフォーム(上着) 貸与
 ・野球バッグ(チーム指定・ネーム刺繍あり) 約14,000円 (入部時発注)
 ・試合用帽子 約2,000円 (入部時発注)
 ・セカンドユニフォーム(練習試合用) 約5,000円 (入部時発注)
 ・グランドコート 約13,000円 (10月頃発注予定)
 ・チームTシャツ (全日本大会時の応援や合宿時着用) 約2,000円 (6月〜7月頃購入)
 ・胸部保護パッド
 *練習着・練習帽 (上下白)
 *スパイク (黒)
 *アップシューズ (白)
 *ベルト (黒)
 *アンダーシャツ (紺)
 *アンダーストッキング (紺)
 *グローブ (※キャッチャーミット・ファーストミットは部より貸し出します)
  *印のあるものについては、持っていれば今まで使用していたものの使用可。購入場所の指定はありません。

(お父さんのご協力のお願い)
 ・野球大好きお父さんを大募集しています。主に、審判・ホームページの運営・遠征時の車だし・カメラマン等を募集しています。
 ・元気なお父さん! ノックをお願いします。

(お母さんのご協力のお願い)
 ・通常練習時のお茶当番などはありません。練習の見学は大歓迎です。
 ・公式戦(春季・秋季・夏の全日本など)ではアナウンスや審判へのお茶だし当番があります。
 ・主催試合(立川市営球場使用時など)での本部手伝い・アナウンス等が年に数回あります。
 ・イベント開催時(ポニー杯・選手祝勝会・グランド開き・納会等)お手伝い願います。
 ・試合観戦・応援は大歓迎です!!奮ってご参加ください。

(父母会)
 各部員の保護者により父母会を構成しています。
 各学年1〜2名の会計を選出し、年に数回の会合を持ち、大会の手伝い協力の説明やイベント開催の協力手伝いなど、
 チームのサポートをお願いしています。
 試合の時には、最少人数のお手伝いをお願いしています。
 遠征の場合、車出しをお願いすることがあります。
 部の運営は父母の協力なしでは成り立ちません。ご協力をお願いいたします。

(使用グランドについて)
 新堤防グランドをメインに使用しています。メイングランドが使用できない場合は隣のサブグランドにて練習します。
 その他に、立川市営球場(年10回ほど)や、都立砂川高校グランド(年5回ほど)の使用を予定しています。

(野球のルールについて)
 基本的には「公認野球規則」に基づいています。
 ただし、選手の体をいたわる為、また、みんなが試合に出られるよう「ポニーリーグ独自の規則」があります。
 ・ピッチャーの投球回数に制限があります
 ・リエントリー制度(一度交代してベンチに戻っても、もう一度だけ試合に戻れる)があります
 ・平成22年の春季大会よりフルサイズ 投球距離:18.44m 塁間:27.43m へ変更となりました
  ※但し春季の1年生大会・全日本選手権大会ポニー杯・会長杯においては
  ポニーリーグサイズ(投球距離:17.41m 塁間:25.84m フルサイズの距離より約1m短くなっています)で行います。

(遠征について)
 ポニーリーグは、北海道・関東・関西・九州・沖縄など約85リーグで構成しています。
 立川近辺には、清瀬・小平・西東京・練馬・三鷹リーグ等しかありません。関東地区の試合の際は江戸川・江東をはじめ
 埼玉県や千葉県、遠くでは栃木県まで遠征します。
 また、全ての大会には、選手たちの試合機会を増やすため予選リーグがあり、年間の試合回数が多く、必然的に遠征回数も
 多くなります。その中で、立川ポニーでは、なるべく地元の立川市内で公式野球ができるグランドを確保し、遠征機会を
 少なくするよう努力しています。 朝ははやいです! 中学3年間、毎週土日の年間100回、祝日を入れて合計250回
 ほど早起きをします。
 野球をやっている意味を考えるとこんなに良いことはありません。たとえば、週末遅くまでゲームをしたり夜更かしをして
 翌日の昼まで寝ている中学生と比べてください。3年間の頑張りで素晴らしい達成感を味わえることと思います。
 その為にも、お母さんごめんなさい。<m(__)m> 週末は、お弁当を作ってからまた寝てください!

(成長途中の中学生の硬式野球について)
 肩・肘などの故障は、ボールの硬さや重さはあまり関係がありません。準備運動や基礎トレーニングをしっかり行うことが
 大切です。立川ポニーでは「足腰・体力から」をモットーに多摩川河川敷を利用した走りこみ練習を沢山行っています。
 成長痛(膝・足首・腰等)の場合は、医師の指導の基、見学やできる範囲の練習メニューを行います。

(高校進学および学校(定期試験等)の勉強について)
 立川ポニーでは、年度始め(4月)に年間行事予定表を提出してもらい選手たちには計画的に勉強するよう指導?しています。
 また、学習塾に通っている選手も多数います。
 一番大切なのは「時間をうまく使う!」ということです。週3日(水・土・日)を野球に費やす為、残り週4日を上手に
 使いましょう。







                   (かなり古い写真ですが)スタッフです。